スポンサーリンク

抜釘手術 医療ミス? 手術は成功 麻酔は失敗??

1年前に下駄骨折、要は足の小指の骨を骨折しました。

早くギプスを撮りたかったのでボルトを入れました。

関連記事 下駄骨折 4日目と5日目 家近の病院で手術の相談

なので今後はボルト抜く、抜釘手術をしないといけません。 今回は実際の手術がどうだったか?麻酔の医療ミスが
むちゃくちゃ不安なったという話です。

私事ですが備忘録としてブログを書かせてもらいます。もし何かの参考になったら嬉しいです。

スポンサーリンク

全身麻酔か?部分麻酔か?

前回の手術は全身麻酔でした。

なので今回は部分麻酔をしたいなと思っていました。部分麻酔の方がリスクは低いし、どうせなら違う経験をしたいからです。

違う経験をしたいと看護婦さんに話したら笑ってましたね。

主治医に話したら、それは麻酔医の判断との事。

麻酔医に相談したら全身麻酔と考えていて、僕は部分麻酔を希望したら、「おしっこの管を入れなあかんで」と言われました。それは辛いですね。下半身の部分麻酔は尿道に管を入れるのが普通らしいです。

という訳で、あっけなく全身麻酔となりました。

手術時間

最初は1時間ぐらいとの事でしたが、ベットで目を覚ましたのは2時間が経過していました。

特に問題はないみたいで、抜かれたボルトを看護師さんがくれました。記念に持って帰りました(笑)

足の小指のボルトなので本当に小さなボルト2本でした。

でもこれでギプスをせんでよかったからありがたいボルトです。お守りにしようかな(笑)

足の麻酔がきれない・・・。真夜中の不安。

術後すぐ 11時過ぎ

全身麻酔で目が覚めましたが、足首先から足が動きません。脳の神経が全く足首から先に伝わらない変な感覚です。

そして指先の感覚が全くありません。自分の足でないみたいです。看護師さんに触られても全く分かりません。

膝は曲げたりできます。ふくらはぎも感覚はあります。でもその先が自分の足でないみたいです。

術後1時間ぐらいの主治医の診察  12時過ぎ

主治医がベットに様子を見に来てくれました。これは普通にする診察です。

手術は成功と言っていて、足を触ってきて、感覚がない事を伝えると、少し怪訝な顔をしました。一緒にいた看護婦さんが「ブロック注射?して~~」と言って、「坐骨神経で麻酔をしてたからな」と答えて「麻酔が解けてくるでしょう」との事で様子見となりました。

15時 手術が終わって4時間

手術が終わって4時間がたつのに全く感覚がないままです。

一人の看護婦さんは「れくいさん~、足の感覚ないんやって?」とやってきました。

基本、脳外科などの病棟で全身麻酔しかみていないので、部分麻酔はこうなるんやなぁとの事

実は今回、僕は全身麻酔でなく、寝ていただけで、坐骨神経からの片足の神経ブロック?麻酔みたいでした。

寝ているのと麻酔は違うのか?と思ったのと、麻酔医との相談内容と違うのが気になりました。

主治医と一緒にいたベテラン看護婦さんが大丈夫だろうと言っていたら大丈夫と思うでとその看護婦さんは言ってくれました。

19時 術後6時間

午前中にした手術ですがもう日が暮れて窓の外は夜になっています。

なんとなくですが、足に暖かいや冷たい、もしくは痺れている感覚が戻ってきている気がします。それまで痺れている感覚すらありませんでした。でも、戻ってきたとは言ってもあくまで何となくですが・・・。確信はありません。

その時に話した看護婦さんは、暖かいし、色もいいし、血行も良い、なので大丈夫と思うよ。神経障害があったら、もっと色が悪かったり冷たかったりするから、と具体的に言ってくれて、少し安心しました。

ここが経験あるプロの看護婦さんと思いました。根拠を言ってくれるのは説得力が全然違います。

24時 術後11時間

何となく暖かい、冷たい、痺れているという感覚が戻ってきた気がするから特に変わりません。

さすがに怖くなってスマホで、足首から下が麻痺なら障害年金が出るのか?などを調べました。障がい者手帳が出るみたいで年金も何とかなるかも知れません。最後まで細かくは知れべませんでしたが、以下の考えを巡らせてました。

病院も誓約書を書かせたとはいえ全く保証しなくはないだろうし、障害年金が出たらセミリタイア出来るし、足首から先なら、自重トレーニングの一部は出来るし、まだ構わないかな?

いやいや、散歩が行けなくあるのが辛いな。職場までの出勤も大変やで、

等々です(笑)

翌02時 術後13時間

やっと足の先が少しだけ動かせる様になりました!!

ほんの1ミリ~2ミリ程度ですが、自分で動かしている感覚があります。これまでどんなに動かそうとしても、全く反応がなく自分の足とは思えなかったのとえらい違いです。

何となく暖かいや痺れている感じがするとは大きな違いです。確実な訳です。

ここでやっと安心しました。

翌05時 術後16時間

ここで足首も動かせる様になりました。足首も上には動かせなくて下に動かせるだけですが、確実に麻酔がきれてきている実感がありました。

いやいや本当に良かった。むちゃくちゃ怖くて不安な16時間でした。

最 後 に

僕の長々とした記録を、時系列で書いてしまいました。

でも本当に不安だったんです。まあ、セミリタイアしたいし、障害年金もらえるならかまへんかなとは思いましたが・・・。もしかしたらこれも精神的に病んでいる証拠かな?

さて、わたくし事の記事ですが、汎化できるなら、ブロック麻酔がきれるのには時間がかかる場合があるという事です。

でも16時間は長すぎです。医療ミスでなかったんかな?すでに退院してますが特に問題はないです。

ネットで調べたら末梢神経ブロック効果は数時間~1日続くとありました。16時間ならありみたいですね。けれどもリスクとしては術後神経障害もありました。まあ、全身麻酔もリスクがあるので何とも言えないとなりますね。

滅多にないでしょうが、手術はやはりリスクがある事が良く分かりました。

後は、ベテラン看護婦さんが説明してくれた様に根拠があるなら根拠をきちんと示すのは大事です。その方が安心します。僕も対人援助をする福祉専門職として忘れたらいけないと思いました。

わたくし事の記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事が少しでも皆さんのお役に立てば幸いです。

Betmob|投資家ブログまとめメディア


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

★日本ブログ村 投資信託カテゴリーなど★ 多くの投資ブログが参加しています。新着記事、注目記事では最新の情報も知れる事ができ、金融雑誌を買わない僕の重要な情報源です(笑) クリックが僕の応援にもなりまし、他のブログはとても参考になります。       にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ   にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ