スポンサーリンク

大阪いらっしゃい 予約分も中止 キャンセルは自分でしないといけない

コロナのオミクロン株が爆発的に広がっています。

個人的には重症化しにくいので段々、普通の風邪になる過程だろうと思っています。スペイン風邪も2年で収まったらしいですね。

さて、そんな中、非常にお得な大阪いらっしゃいキャンペーンが新規受付が1月11日中止になり、予約していた分もまん延防止で2月分からは適応が中止になった記事です。

大阪いらっしゃいキャンペーンHP

関連記事 大阪いらっしゃい 1/11に新規予約中止 予約分は泊れます

スポンサーリンク

1月予約分は無事に泊まれました

1月分は無事におおさかいらっしゃいを活用して泊まれました。

10000万円が楽天トラベルで1000円引き、9000円がさらにおおさかいらっしゃいで4500円引きで、宿泊費は4500円となります。

4500円でクーポンが5000円分もらえました。

コロナが心配でしたが、逆にホテルは空いていて、安全だったぐらいです(笑)

クーポンをもらえましたが、持ち帰りのお寿司や、もつ鍋を買って、大満足でした。

ちなみに以下の記事が別ホテルですが具体的におおさかいらっしゃいで泊まった記事です。

関連記事 大阪いらっしゃい活用! 実質500円でホテル(朝食付き)に泊まった

2月の宿泊は自分でキャンセルする必要あり

大阪もまん延防止になったので、2月宿泊分が大阪いらっしゃいがキャンセルになって残念です。

4000円で泊まってラウンジでビール飲み放題、ラーメン無料、温泉、朝食も無料、さらにクーポンが3000円と、何が起こっているのかわからないぐらいでした。

でも、大阪いらっしゃいが中止になったので、半額とクーポンがなくなるのでキャンセルしました。

注意点は、大阪いらっしゃいが中止になっただけで、ホテル予約がキャンセルにはなっていないので、自分できちんとキャンセルする必要があります。

人によっては、いらっしゃいキャンペーンがなくても、定額の8000円で泊まる人もいます。

8000円で泊まっても十分過ぎるサービスのホテルです。

次回の大阪いらっしゃいキャンペーンを待ちます

今回、8000円で泊まっても十分なサービスのホテルですがキャンセルしました。

この夏にセミリタイアする僕には贅沢です。今回は、親孝行を兼ねて母親の分も僕が払うのでちょっくら出費が多いです。母親もキャンセルで良いと言ってくれました。

次回の大阪いらっしゃいキャンペーンを待ちます。

僕はこういうお得なのが好きなので活用します。

僕には、活用しない周りの人が不思議ですが、資産運用と一緒でしない人が多いのが現実ですね。

あと、活用する人はするけど、一般の人はあまり活用しないで、コロナが落ち着いたらキャンペーンがなくても旅行するので、税金を使ってキャンペーンする効果がどれほどあるのか疑問です。

まあ、僕はそのキャンペーンを使わせてもらいます。ましてや退職・セミリタイアに動いているので活用しやすいです。バリバリ働いていた時はそんな余裕はなかったですね。

使いすぎるのはさもしい気がしますが、使いすぎる分は、親孝行として使います。それならさもしさはありません(笑)

関連記事 大阪いらっしゃいの使い過ぎは、さもしいのか?

最 後 に

  • 残念ながらまん延防止で大阪いらっしゃいが中止になった
  • 1月の予約分は泊まれたが、2月分は適応にもならなくなった
  • 適応にならなくなった場合には自分でキャンセルする必要がある
  • 僕の周りに大阪いらっしゃいを活用している人はいない
  • 税金を使う効果があるのか?とは思うが、僕はありがたく活用します

といったことを綴ってきました。

また大阪いらっしゃいキャンペーンが復活して欲しいです。

セミリタイアするので、活用しやすいで有難いです。逆に言えば、こういうキャンペーンでなければこんな贅沢はそうそうできません(笑)

でも活用うんぬんよりも、早く、コロナ、オミクロン株が落ち着いてほしいです。

ほぼわたくし事の記事を最後まで読んでくれてありがとうございます。

この記事が少しでも皆さんのお役に立てば幸いです。

Betmob|投資家ブログまとめメディア


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

★日本ブログ村 投資信託カテゴリーなど★ 多くの投資ブログが参加しています。新着記事、注目記事では最新の情報も知れる事ができ、金融雑誌を買わない僕の重要な情報源です(笑) クリックが僕の応援にもなりまし、他のブログはとても参考になります。       にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ   にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ