台風と働き方と福祉職

とても大きな台風19号が来ています。僕は関西なのでまだマシですが関東の方は特に大変です。皆さん気をつけて下さい。

鉄道などは早めに計画運休を発表してして、最近は安全第一、台風の備えをきちんとしようという風潮になっていて、それはとても良い事です。

この台風では、僕は土曜なので休みで良かった?のですが、平日ならどうなっていたのか?と、台風と働き方と福祉職について考えてみました。

スポンサーリンク

暴風警報で出勤するなんてやっぱり変

暴風警報が出ていて大荒れの中、出勤するなんてやっぱり変ですよね?

学校は警報が出たら休みになるけど、仕事はそうじゃないのが普通です。

でも近年の台風とかは本当に命に関わる状態になります。大した事ないなら良いのですが、今は大したあるんです。

でも、そんな中、大変でも出勤するのが普通になっています。改めて考えるとおかしな働き方、仕事の仕方と僕は思います。

鉄道の計画運休の是非

たぶん関西では、去年2018年の台風から計画運休で事前に鉄道が止まる事を発表しました。

最初はとまどいましたが、安全第一ではあるし、事前に発表してもらえると、こちらも心づもりができて、急に鉄道が止まるよりはよっぽど良いです。

そして鉄道が止まると通勤ができない人も出てくるので、出勤できない人も出てきます。もちろん困りはするんですが、鉄道が止まるぐらいなら、仕事も休みでいいだろうという考えが浸透していきます。むちゃくちゃ無理して出勤しなくて良い訳です。

会社も取引先もお客さんも、オーバーですが、日本全体が台風での休みを納得していきます。

計画運休の是非と書きましたが、是として、とても良い効果があります。

でも僕たちは福祉職員です

僕の組織に上記な様な事柄を声高にいう人がいます。

正しいです。命に変えてでも出勤しないといけないのはおかしいです。僕も賛成です。

けど、とても違和感があります。

その人は働く自分の権利主張が好きな人で、台風の時はどうしたらいいんですか?と組織に答えを求めます。組織に所属しているので、組織に答えを求めるのは普通ではありますが、働く自分の事を主張しているだけで、利用者対応の事はその人の口からは基本、出てきません。

あくまで自分の出勤、そして休みの事だけです。

何のために仕事をしているでしょうか?きっと利用者の為に仕事をしていないんでしょうね。お金の為に仕事をしているのでしょう。福祉職として士業を持っているのに、利用者さんの事を考えていないのでしょうね。

※ここでいう利用者とは入所施設にいる人も含まれます

台風でもちろん自分は困りますが、利用者も困ります。

なぜ、利用者の事を考えないのか不思議です。なぜそんな人が国家資格を持っていて、この仕事をしているのでしょうか?不思議で仕方ないです。

誤解のない様に書きますが、福祉職だから何があっても出勤しないといけないと言っている訳ではありません。自分(もちろん家族も)、利用者、現在の状況を考えて判断して、出勤しない、出勤出来ない時があるでしょう。

ここで言いたいのは利用者の事を考えずに出勤しない選択肢を積極的に選びたがっている人がいるという事です。

ただ単に休みたいだけなのかも知れません。出勤扱いなのか有給を使うのか等も非常に気にしてます。

でも、その人の意見・主張には基本、利用者が出てきません。利用者の事を全く考えていない訳ではないのでしょうが、自分が大事過ぎて利用者の事はなくなってしまうんでしょうね。

それかきっとお金の為だけに仕事をしているのでしょう。

士業を持っている福祉職なのでお金の為だけでなく、利用者の為にも働いてもらいたいものです。

これは福祉職だけでなく、何のために働いているのか?はとても大切で、お金のためだけに働いている人は成果を出していなかったり、成長が遅いと感じています。

どうせ働くなら、自分も成長でき相手にも満足してもらえる様な良い仕事をしたいですよね。

近江商人の三方良し。売り手よし、買い手よし、世間よし、を思い出しました。

この記事が少しでも皆さんのお役に立てば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

★日本ブログ村 投資信託カテゴリーなど★ 多くの投資ブログが参加しています。新着記事、注目記事では最新の情報も知れる事ができ、金融雑誌を買わない僕の重要な情報源です(笑) クリックが僕の応援にもなりまし、他のブログはとても参考になります。       にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ   にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ