住宅ローンの借り換え手順 実践記② 現在の銀行に金利交渉成功

コロナでセミリタイア願望が非常に強くなり、支出削減にさらに取り組んでいます。セミリタイア関係なく以下の理由で支出削減に取り組んでいます。

  • コロナの下がっている資産を買う為に月々の入金力を高める
  • コロナで実体経済での景気悪化に備えてローコスト生活を実現する

コロナショックのチャンスを掴む為にも、コロナショックの不景気に備える為にも支出削減してローコスト生活を進める必要があります。

支出削減には固定費削減が一番なので住宅ローンの借り換えを実行していてその第2弾です。

ちなみに携帯の削減にも取り組んでいて興味のある方は以下の記事もご覧下さい。

ソフトバンクG優待無くなったので格安スマホに切り替えです。 楽天UN-LIMIT2.0は死角のないサービスです。ギガ使い放題、電話かけ放題で2980円でも格安で格安スマホ並みなのに、1年間無料をびっくりするぐらいの大盤振る舞いです。
スポンサーリンク

楽天銀行のネット審査通過

楽天銀行は以下のメリットがあるのでネットで審査を申し込みました。

  • 金利が安い
  • 団信保険が無料
  • 楽天銀行のステージが1ランクアップ

さらに僕は楽天ダイアモンド会員なのでローン契約をしたら楽天ポイントを2万円分もらえます。楽天は大判振る舞いです。

5月の変動金利0.527%でネット審査は通過し資産では月5000円ぐらい支払いが安くなります。でも健康診断で要治療になっているので団信保険で引っかかる可能性は大です。詳細は以下の記事を見て下さい。

現在の銀行に金利交渉

楽天銀行のネット審査が通ったので現在の銀行(三大メガバンク)に金利交渉の相談をしました。

結果は電話でたった15分ぐらいの相談で0.15%の引き下げとなりました!

さらに固定金利から変動金利への切り替えもするので1.65%が1.025%になりました。月々1600円ぐらい支払いが安くなります。金利変更手数料が55400円(55000円+印紙代400円)するのが難点ではありますが、3年経たずに回収できる計算にはなります。

あとは、新規での借り入れの方が金利が安いのが気になりますが、どこの銀行でも新規の方が安いので、そんなものではあります。

残り30年ローンが残っているのでトータルで約57万円の返済が安くなるので約5.5万円の手数料を払っても50万円以上の安くなります。

以下が今の僕の金利と支払いです。ミックスローンで10年固定と変動の2種類の支払いがあります。両方550万円づづぐらいのローンで金利と返済額は以下の通りです。

  • 10年固定金利 1.650% 月返済額19,490円 
  • 変動金利    1.175% 月返済額17,980円

10年固定の金利を変動にして、さらに上記の変動金利よりも0.15%引き下げてくれた訳です。ではその交渉の手順を書いていきます。

普通にローン相談の電話を日曜にかけた

ネットにのっているローン相談の番号に電話をしました。

正直に楽天銀行のネット審査が通った事を伝えて、出来れば今までお世話になっているそちらで続けたいとは思っているので、金利を下げてもらえないか?と言いました。

するとその窓口は土日はあいていないとの事で、対応の電話番号を教えてもらい平日、多分9時~17時に再度電話をする事になりました。

電話代は無料なので親切です。

平日に専用の窓口に電話をした

フレックスタイムで午後から出勤の時に電話をしました。

先ほどの電話の様に正直に相談しました。調べて10分後ぐらいに折り返し電話をくれるとの事で実際10分ぐらいで電話がかかってきました。

そしてミックスローンの片方の550万円を10年固定から変動金利への変更する提案をされました。1.65%が1.025%になり月々1700円ぐらい支払いが安くなる提案です。

どうせなら1%を切って欲しかったけど、そのままシュミレーションを送ってもらって、銀行内に稟議を回してもらう事で話を進めました。

5分強の電話でした。

約1週間でシュミレーションが届いた

口頭で話していただけなので、書面で金利や返済額変更のシュミレーションが届きました。

やはり楽天銀行に比べて金利が高いのが気になります。稟議を通していくと言われた時に強く交渉したら良かったです。言うんやったら「新規だとさらに低い金利だし、通らない可能性があっても1%切る金利で稟議を上げて欲しい。楽天銀行への借り換えを検討してるのでお願いします。」って感じかな。

楽天銀行が圧倒的に金利が低いから、そのまま借り換えたら良いのに、現在の銀行にここでまで金利交渉をする理由があります。

健康診断結果で団信に入れない可能性あり

手続きをしていないのでさだかではありませんが、僕は健康診断で要治療と出てしまい、一度通院もして薬を出されました。脂質異常症です。

住宅ローンを組む時に基本加入する団体信用保険に入れないかもしれない可能性があります。なので楽天銀行への借り換えを手続きを進めるのに躊躇してしまうのです。

実は去年の7月の会社の健康診断の結果で要治療が出ました。理由は脂質異常症です。 コレストロールが高くて、総合所見では顕著な脂質異常症を認めますとコメントがあり、治療を必要とします、に〇がついていました。それをほっておいたらどうなったか?の話です。

楽天銀行で仮審査は通ってますが、団信が通らなかったから借り換えはできないでしょう。今の銀行ではすでに団信に入っているので安心です。

そういう訳で今の銀行からシュミレーションが送られてきて、すぐさま楽天銀行に乗り換える訳ではなく悩んでしまうのです。

けど、楽天銀行が団信が金利上乗せ無しでローンを組めるのが凄すぎるだけで、今の銀行も十分に金利が安いです。団信が0.4%上乗せされるので1%強になってしまう訳です。

最後に、借り換えなくても金利は下がる

長くなってきたので、今回は健康診断に引っかかっていて、楽天銀行への借り換えに悩んでいるという報告までで終わる事にします。中途半端ですいません。

でも今回、伝えたい事は、現行の銀行への金利交渉は意外と簡単できるという事です。電話一本で0.15%で下げてくれました。

さらに固定金利を変動金利に変えたら0.625%も下がります。変動金利をどうとらえるか?ですがこれって大きいですよね。

ミックスローンで固定金利は約550万円しか借りてなくても50万円以上の削減となります。残高が大きい人はもっとメリットがあります。

借り換えは勇気がいるものですが、金利交渉ならまだハードルが低いです。ウェブでの仮審査ならまだ気楽にできるでしょうし、それをしてから今、借りている銀行に金利交渉をするのも一つの方法です。

ただあくまで自己責任でよろしくお願いします。

僕が楽天銀行に借り換えたか、現行の銀行のままにしたかはまた報告さえてもらいます。

この記事が少しでも皆さんのお役に立てば幸いです。

Betmob|投資家ブログまとめメディア


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

★日本ブログ村 投資信託カテゴリーなど★ 多くの投資ブログが参加しています。新着記事、注目記事では最新の情報も知れる事ができ、金融雑誌を買わない僕の重要な情報源です(笑) クリックが僕の応援にもなりまし、他のブログはとても参考になります。       にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ   にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ