スポンサーリンク

NISAの残り枠で買うならこれ 2020

今年も12月14日になしました。1年早いです。

僕は今年のNISA枠が約10万円残っているのですがそれをどう使うかという話です。

以前、同じテーマで記事を書きましたが今回は具体的な銘柄です。

結論としてJリートのIシェアーズ・コアJリート (1476)  をチマチマ慎重に買います。

もう12月。コロナに影響された年となりましたが、本当に1年があっという間です。 1年間の買い付け上限が決まっているNISAですが、この株高の中で購入するべきか??と、年内ギリギリの12月30日(水)に注文したら間に合わないという話です。
スポンサーリンク

クリスマスショックがおきそう

米国株は史上最高値を更新、日経平均もバブル後最高値とコロナバブルになっています。

そんな中、追加投資をしていいのか?というのは非常に悩ましいです。やめといた方が無難です。粛々といつも通りの積み立てが良いでしょう。

そして僕の考えではクリスマスショックがおきると思っています。ちょうど2年前みたいな感じです。

それでも買うならこの銘柄

クリスマスショックが起きる可能性があるけど僕は以下の銘柄を買います。

Iシェアーズ・コアJリート (1476) 

理由はJリートはコロナショックで値を下げて、現在半値戻しぐらいです。最高値を更新はしていません。クリスマスショックが起きて下がるにしてもまだマシと考えます。

JリートのETFで分散されていて、買値も約1700円と非常に少額から買えるので買うのも分散できます。

配当・分配を期待できます。年4回、2、5、8、11月の分配金となります。分配利回りは3%となっています。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

Jリートを紹介しましたが無難なのは、このファンドでしょうね。

一時的に下がろうと全世界に投資をしていたらゆくゆくは上がっていくはずです。Slimシリーズは信託報酬を最安値を目指すの保有コストも安心です。

あと1円単位の半端な残り枠でも買えるのが嬉しいです。100円以上からの買い付けが可能です。

半端なNISA枠の残りはこのファンドで使いきったら良いですよ。

最 後 に

実はNISAの残り枠を無理して使うのはお薦めしません。

余裕があればの購入の方が良いです。

僕は以前買っていた毎月分配型投資信託を売却して100万円以上余力があるので購入を決めました。

それにクリスマスショックがくると僕は思っています。クリスマスショックがおきても大丈夫な様な買い方をするべきです。

その前提でお薦め銘柄を2つ紹介させてもらいました。

投資は自己責任でお願いします。

おまけ 注文日と約定日に注意

実はこれは非常に大事です。

1年間の非課税枠の買い付け上限が決まっているNISAですが、年内いっぱいギリギリの12月30(水)に注文したら間に合うという訳ではないんです。

個別株で言えば、12月28日(月)までに注文・約定していなけばなりません。

これは受け渡し日で今年のNISA枠なのか判断されるからです。28日(月)に注文したら、個別株なら受け渡しは翌々営業日になって30日(水)となりギリギリ今年のNISA枠に間に合う形になります。

なのでまだNISA枠が残っている人は早めに約定しなければいけないので注意して下さい。

投資信託だと注文日の翌日とかが約定日になったりするので、さらに前もって注文が必要なので注意して下さい。

繰り返しますが投資は自己責任でお願いします。

この記事が少しでも皆さんのお役に立てば幸いです。

Betmob|投資家ブログまとめメディア


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

★日本ブログ村 投資信託カテゴリーなど★ 多くの投資ブログが参加しています。新着記事、注目記事では最新の情報も知れる事ができ、金融雑誌を買わない僕の重要な情報源です(笑) クリックが僕の応援にもなりまし、他のブログはとても参考になります。       にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ   にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ