スポンサーリンク

NYダウ史上最高値 30218ドル その時の資産運用は?

NYダウが史上最高値を更新しました!

11月24日に終値で初めて3万ドルを突破しました。

その後少し下がりましたが、また12月4日3万ドルを突破して30218ドルで市場最高値となっています。

コロナショック前はこの記事をよく書いていましたが11か月振りです。2月中旬に最高値を更新してその後コロナショックとなりました。

しかし最高値を更新し続けるNYダウは凄いですね。凄いとともに、上がり過ぎでそろそろ下がりそうで不安にもなります。

ウォーレン・バフェットは「100年後(2117年)にはNYダウ100万ドルを超える」と発言しました。まさにそれに進んでおり30000ドルを超えています。

前回の記事と一緒の部分もありますが、久しぶりですし、再度、NYダウ最高値を更新を記事にします。

スポンサーリンク

コロナなのになぜ最高値を更新する??

アメリカは多くの感染者と死者を出しているのになぜこんなに株価が上がるのでしょうか?

本当に不思議です。でも不思議なのが今の株式市場みたいです。

実体経済とはかけ離れているでしょうが、コロナで金融政策をしているので株価は上がっているらしいです。コロナが大変であればあるほど株価が上がる事になります。

逆にコロナが落ち着いて金融政策が終わる頃の方が怖いかも知れません。

実体経済とかけ離れている状態となっています。

しかしコロナとは今まで経験のない事態で、株価もどうなるか全く分かりません。

そもそもなぜ米国経済は強い

素人考えですが、書き連ねます。

  • 人口がビラミッドが至極健全
  • 国際的大企業が多くある

人口ピラミッドが至極健全

日本と違い人口ピラミッドがとても健全な三角形になっています。子供が多く、これからの経済も発展していきます。俗にいう人口ボーナスは2014年まで続いていたらしいです。

アメリカで生まれた人はアメリカ国籍をもらえるとか、きっとそういうのも影響していていそう。

国際的大企業が多くある

コカ・コーラ、マクドナルド、ナイキ、ファイザー、エクソンモービル、ビザ、アップル、マイクロソフト等々、これはNYダウ構成銘柄ですが食品・薬・衣料・エネルギー・ITと、生活や経済に欠かせない分野の世界的大企業が揃っています。ちょっとやそっとでは倒産しないでしょう。

アメリカの発展というより、人類の発展がそのままアメリカ経済の発展にも繋がっているぐらいです。

今後のNYダウは?

コロナがあって非常に難しいです

でも前述した通り、コロナで金融対策をしている間は、高値を更新すると思います。逆に怖いのは、コロナは落ち着いたとなってから株価がさらに上昇した後です。バブルが弾ける可能性があると思っています。

それで考えると、2021年1~3月にワクチンの効果が出始めた後に変化があるでしょうか?

オリンピックが開催されたらその後?

どこかで調整?暴落が来るというのしか分かりませんね(笑)

素人な考えです。

僕の資産運用はどうする?

基本は、海外資産のインデックスファンド積み立て投資と、日本の高配当株(ETF含む)の投資をこれまで通り粛々と続けていきます。

海外資産のインデックスファンド積み立て

毎月の積み立て投資を継続。下がってもまた上がるでしょうから、安く仕込める訳で。上がれば資産が増えて嬉しい、下がれば安く仕込めて嬉しいとなります。

基本、バイ&ホールド。つみたてNISAなら特にです!

でも特定口座やNISA枠ならインデックスファンドで30%以上の利益が出ていたら売却を検討はします。でも相場は読めないので下手に動かない方が良いかも。

日本の高配当株の定期購入とETFのスポット購入

高配当はアメリカ株が有名ですが、僕は現金化、2重課税などの問題からアメリカ株の直接投資はしていません。

けど日本もアメリカを見習ってか配当重視、株主還元重視になってきました。累進配当政策を打ち出している企業もあるぐらいで、そんな企業に投資したら配当は増える一方で非常に安心です。

暴落が来ようが関係ありません。そのまま持ち続けていたら良いのです。

そして配当を再投資したら、どんどん資産が増えます。セミリタイアを目指している僕としては配当収入があるのは非常に重要です。

個人的にはアメリカ株投資の次は日本の高配当株投資が流行ると考えています。

楽天証券ならフリーETFになっている日本の高配当株ETFを購入する方法があります。1000円~30000円で買えます。

楽天証券 公式HP

日本の高配当株の資産運用を考えていますがコロナショックで一段をそれを考える様になりました。 なので去年、日本の高配当株ETF3種類の記事などを書きましたが実はそこで紹介した3種類すべてのETFが売買手数料無料のフリーETFにだったという話です。

NISA対応していませんが、SBIネオモバイル証券で三菱商事などを1株から買うのもありです。

定期積立も設定できるので便利です。

1株から株が買える。Tポイントで株が買えると話題のSBIネオモバイル証券の記事です。 ネオモバ証券では定期買い付けが出来るので今回その設定をしました。

今年のNISA枠をどうするか?

20万円ぐらいNISA枠が余っています。

粛々と基本的な積み立てに加えてどうするか?悩んでいます。

無理して使う必要はないですが高配当株ETFか、インデックスファンドの購入を検討しています。

もう12月。コロナに影響された年となりましたが、本当に1年があっという間です。 1年間の買い付け上限が決まっているNISAですが、この株高の中で購入するべきか??と、年内ギリギリの12月30日(水)に注文したら間に合わないという話です。

最 後 に

NYダウは史上最高値を更新しましたが長期で見たらおそらく右肩上がりです。もちろん途中で調整はありでしょうが。

なので粛々と海外資産の積み立て投資は継続です。つみたてNISA枠はバイ&ホールドです。

あと日本の高配当株を買っていきます。定期積立に加えて、できたら下がった時に買えたら嬉しいと思っています。けどバブル最高値です。

素人考えの記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。投資はあくまで自己判断・自己責任でお願いします。

この記事が少しでも皆さんのお役に立てば幸いです。

Betmob|投資家ブログまとめメディア


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

★日本ブログ村 投資信託カテゴリーなど★ 多くの投資ブログが参加しています。新着記事、注目記事では最新の情報も知れる事ができ、金融雑誌を買わない僕の重要な情報源です(笑) クリックが僕の応援にもなりまし、他のブログはとても参考になります。       にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ   にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ