GO TO eat ぐるなび×楽天 で簡単に利用できますよ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: jongsun-lee-JnFGgVaFpmE-unsplash-1024x732.jpg

GO TO eatキャンペーンをやっています。なんかよく分からないし、ネット予約が必要ってことで敷居が高い気がして利用していませんでしたが、一度使うとなんてことはない簡単でお得なのでハマってしまう程使ってしまいます。

10月24日(土)に初めて使ってから、今日は11月8日ですが、もう9回も使っています。1日2回まで、月10回までという制限もあるので、それに引っ掛かりそうなぐらい活用しています。

皆さんにも活用してもらいたくてこの記事を書きました。

スポンサーリンク

ぐるなび会員登録は楽天との紐づけで簡単

ぐるなびなどのグルメサイトからの予約で、ランチは500円、ディナーは1000円のポイントがつきます。

(他に、コンビニ等で、事前にGOTOイートの商品券?を買う方法、例えば、12500円分が10000円で買えるがあるみたいですが、僕は使っていないので説明は割愛させてもらいます。)

でも、そのぐるなび等から予約する為には会員登録が必要だと思うので、その会員登録が敷居が高く感じます。

けれども実は、ぐるなびと楽天は提携していて、ぐるなびのサイトからの登録は楽天の情報と紐づけしたらクリック一つで簡単に登録ができました。

予約等は簡単なのか?

予約は簡単なのか?

スマホでぐるなびのサイトから簡単に予約ができます。お店によって直前にできます。

直前に出来たらとても便利で、これからご飯どうしようか?となった場合にもぐるなびで検索してGOTO対応の店を予約したらそれだけで15時以降だと、一人1000円分のポイントがつきます。

ポイント還元のルールは?

ランチなら一人500円分、ディナー15時以降なら一人1000円分の期間限定ポイントがもらえます。

ちなみに予約した人がポイントをもらえるので、ポイント分を分けるとかになったら手間ですよね。あくまでポイントなので現金でないですし。まあ、僕は飲み友達と使うので、細かい事をいう人はいません。もらえるポイント分を差し引いて割り勘にするのが多いです。

ポイントが貰えるのは、ぐるなびだと、翌日から8日後にもらえます。結構ライムラグがあります。

ポイントの使い方

もらえるポイントは期間限定ポイントで2か月はあるみたいです。

ぐるなびで予約する時にポイントを使うを選べば、会計の時にポイントを差し引いた金額だけ支払えばよいので使うのも簡単です。

ぐるなびで予約しないとポイントが使えない事になるのでそれはデメリットですね。

けど、この政策の目的は国民の消費を促し飲食店にお客を呼び戻す為のものなので、そのポイントでさらにお店にいくのが目的にあっているので当然です。

活用しない人は損をする?不公平?

活用できる人はとても徳をするのがGOTOイートです。

でも活用しない人?できない人?もいて、不公平という声を聞きます。僕は消費者にとって不公平とは思いません。なぜなら前述しましたが、この政策の目的は消費者の為ではなく、飲食店の為です。

なので消費者に不公平があっても仕方ない面はあると考えます。もちろん不公平がない方が良いには良いですが。

逆にこの様なキャンペーンを使わない人が僕は不思議です。

ただ鳥貴族錬金術の使い方は良くないです。あれはモラルがない。

お店はもっと飲食をしてくれる人がいるかも知れないのに、税抜き280円だけ使う人の為に席をあけておくのです。そして280円だけだと利益が少ない、双方WINWINとは言えない使い方です。是正されて良かったです。

逆に、無限くら寿司は、くら寿司も認めているみたいですし、1000円以上の食事をして、また来てくれるならお店も歓迎という訳です。

ちなみに大阪は大阪市独自のキャンペーンをやっているので、さらに2000ポイントもらえます。ありがたいです。

大阪府 少人数利用 飲食店応援キャンペーン

実はGOTOトラベルも活用しています。これもまた記事にしたいと思います。

この記事が少しでも皆さんのお役に立てば幸いです。

Betmob|投資家ブログまとめメディア


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

★日本ブログ村 投資信託カテゴリーなど★ 多くの投資ブログが参加しています。新着記事、注目記事では最新の情報も知れる事ができ、金融雑誌を買わない僕の重要な情報源です(笑) クリックが僕の応援にもなりまし、他のブログはとても参考になります。       にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ   にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ