住宅ローン借り換え手順 実践記① 楽天銀行のメリット

実はコロナでセミリタイア願望が非常に強くなり、支出削減にさらに取り組んでいます。

最近、職場で引っ越す人が2人いました。賃貸で引っ越す人の家賃と、家を買って住宅ローンを払う事になった人の両方が金額を教えてくれたので記事にしたいと思いました。

今回は効果が非常に高い住宅ローンの借り換えについてです。僕の場合はうまくいけば月5000円ほど安くなります。29年ほどそれが続くので、総額で174万円にもなります。

スポンサーリンク

メガバンクの住宅ローン金利

僕は現在メガバンクで借りていて、10年固定金利と変動金利のミックスローンにしています。1240万円を35年のフルローンにして月額38000円以下の支払いとなっています。詳細は以下です

  • 10年固定金利 1.650% 月返済額19,455円 
  • 変動金利    1.175% 月返済額17,985円

残金が1085万円あり、金利が平均して約1.4%になっているので減らせないか?と以前から検討していました。

ちなみになぜ金利の高いメガバンクで借りたのか?は、ここしか住宅ローンが通らなかったからです。もう少し詳細は以下の関連記事等をご覧下さい。

住宅ローンって金利が安い銀行を知っていても実は選びにくいのかも・・・

2年前に借りたばかりの僕に住宅ローン借り換えにメリットがありそうな理由

楽天銀行の金利など

楽天銀行の住宅ローン金利

  • 変動金利  0.527%
  • 10年固定 0.966%

金利が低いのも魅力的なんですが、団体信用保険が無料なのが非常に大きいです。実は僕のメガバンクの金利は団体信用保険の保険料で金利が0.3~0.4%上乗せされている金利になります。

なので僕のメガバンクもそれを抜けば中々の金利ではあります。

とは言えど、楽天銀行の金利の安さと団信保険の金利上乗せがないので、変動金利で借り換えると月5000円ぐらい支払いが安くなります。33000円ぐらいで済むのは非常に魅力です。

団体信用保険とは

住宅ローンを組む時に、死亡したり高度障害になった時に住宅ローンの残額が免除になる保険です。

例で言えば、働き盛りの男性が亡くなってしまった場合に残された奥さんや子供が住宅ローンを払うのはかなり厳しいので免除される訳です。

基本住宅ローンを組む場合はこの団信に入ります。入らないと住宅ローンは組めなかった気がしますし、僕はこの保険が無ければ怖くて住宅ローンなんで出来ません。

まあ、銀行も保険で住宅ローンの残金が回収できるし、借りる僕たちも安心な保険が団信になります。

ちなみにこの団信を生命保険替わりにして、生命保険を掛けない、解約する人がいて僕は賢い選択だと思っています。そんな団信保険が楽天銀行は無料って凄いです。

楽天銀行の住宅ローンのメリット

  • 金利が安い
  • 団信保険が無料
  • 楽天銀行のステージが1ランクアップ

ざっとあげたら上記になります。

楽天銀行のステージが1ランクアップになれば振込手数料の無料が増えるのでこれも非常にありがたいです。楽天市場のポイントはアップしないのは残念ですがそれは求めすぎです。

具体的な借り換え手順

楽天銀行でネット審査申込

まずは楽天銀行のネットで申し込みをします。僕は楽天ダイアモンド会員だから特別みたいで事前エントリーしたら楽天ポイントが20000ポイント貰えるのでその申し込みをしてから、ネット審査をスタートさせました。

現在の住宅ローン情報(借りた時期や金利など)、他にローンを組んでいないか、住宅情報(平米や築年数など)、勤務先などの詳細な情報が必要になります。僕は現在の住宅ローンの書類を片手に申し込みをしました。

団体信用保険に入るには健康状態の告知が必要になり、健康状態が良くないと入れないのでご注意下さい。

ちなみに僕は健康診断に引っかかっていて微妙だったので、団体信用保険は最後の入力までせずに取りやめました。実際には現在は健康診断後に受診をしていて健康ではありますが念のためにやめておきました。

まさかの1次審査通過

団体信用保険の手続きを最後までせずにいたので、申し込みは中止されたと思っていたのですが、楽天銀行から書類が届きました。

まさかのネットでの1次審査通過で、本審査に進む書類が送られてきました。保険の手続きはこれからする事になっています。

でも1次審査が通ったのは非常にありがたいです。

そしてメガバンクに金利交渉

そのまま楽天銀行に乗り換えも可能かも知れませんが、その手続きをする前にまずは今のメガバンクに金利交渉の電話をする事にしました。

その内容はまた別の記事で書かせてもらいます。

最 後 に

僕が楽天銀行に住宅ローン借り換えを選んだ理由

やはり金利の安さと団信が無料であり、トータル金利の安さです。何しろ0.527%です。

後は楽天証券を使っているので審査で有利だとも思ったのと馴染みがあるのもあります。他は、楽天銀行のステージアップと、キャンペーンで20000ポイントの楽天ポイントも良いと思いました。

僕は楽天銀行を選びましたが違う銀行を選ぶのも有りでしょう。ご自身で有利な銀行を選んでください。

住宅ローン借り換え前にすること

  1. 健康でいること 健康診断に引っかかると団信保険加入に影響あり
  2. 他のローンは極力なくす 審査時に申告が必要
  3. 住宅ローンの滞納をしない 楽天銀行では1年以内に滞納があれば審査してくれません

僕はできてなかったですが、上記1、2はご注意下さい。そして楽天銀行なら事前キャンペーンがあるかもなのでチェックと申し込みを忘れないで下さい。

楽天銀行HP

この記事が少しでも皆さんのお役に立てば幸いです。

Betmob|投資家ブログまとめメディア


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

★日本ブログ村 投資信託カテゴリーなど★ 多くの投資ブログが参加しています。新着記事、注目記事では最新の情報も知れる事ができ、金融雑誌を買わない僕の重要な情報源です(笑) クリックが僕の応援にもなりまし、他のブログはとても参考になります。       にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ   にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ