確定申告で税金が年3.5万高くなりました・・・。

医療費が29万円だったので、医療費控除を受けたくて昨年度分の収入を確定申告した結果です。

その結果、住民税が追加で3.5万円も高くなりました。びっくりしました・・・。こんなんやったら確定申告しなかったら良かったと一瞬思いました。

しかも給料から天引きされる住民税とは別に自分で納付手続きをしないといけないんです。なかなか重荷です。

スポンサーリンク

なぜ住民税がそこまで高くなったか?

去年は講師謝礼が年40万円弱あったからです。経費を差し引いて35万円ぐらいの所得となりました。その10%ぐらいが住民税として追加されてしまいました。

概ね住民税(都道府県税と市町村税)は所得の約10%

まぁ、今回は特に謝礼が多く、年20万円を超えたので確定申告する必要があって、払わないといけない税金だった訳です。年20万円以内の雑所得なら申告する必要はないんですけど、今回はそうはいきませんでしたね。

けれども、確定申告して謝礼で払っていた所得税が4万円返ってきたので、目に見える金額でいうと、5000円ぐらいの節税になっていますね。

関連記事 郵送ですませた確定申告で4万円以上の還付

今年度の住民税が安くなっています

住民税を3.5万円、給料からの天引きとは別に払わないといけなくなったので、あまり実感しにくいですが、住民税も確定申告で安くなっていました。

医療費控除は19万円ぐらいあったので、所得が19万円少なくなって、その10%の1.9万円ぐらい住民税が安くなっています。

住宅ローン減税が反映される年末調整で、昨年の所得税は全額返ってきているので、今回の医療費控除からの昨年度の所得税の還付はなく、今年度の住民税が安くなった訳です。

ちなみに税金の通知書を見たら、住宅ローン減税の所得税から引けなかったあまり分で、2.9万円ぐらい住民税が安くなっていました。

節税結果と次はふるさと納税をしてみたい

  • 還付金の4万円
  • 医療費控除での1.9万円
  • でも税金が3.5万円増加

なので、おそらく3.4万円?ぐらい税金が安くなりました。

住民税を新たに3.5万円払う事になってショックでしたが、きちんと計算したら3.4万円安くなっていました。安心しました。

あんまり賢くないので、この理解や計算であっているのか少し不安ですが、確定申告をして税金が安くなって良かったです。

最後に、今年はふるさと納税にチャレンジしようと思っています。今回の件で少し税金の事がわかりました。所得の10%が住民税になるので、ふるさと納税した分控除される訳で、返礼品は20%から30%なので絶対に得ですよね。

それと、株価にもよりますが、損益通算っていうのにもチャレンジする予定です。マイナスになっている株を売って買い戻すと、マイナスで確定しているので、プラスで売却した時に払った税金が戻ってくる可能性があります。

勉強が必要と思いますが、大変有効な方法なのでは?と考えています。

この記事が少しでも皆さんのお役に立てば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

★日本ブログ村 投資信託カテゴリーなど★ 多くの投資ブログが参加しています。新着記事、注目記事では最新の情報も知れる事ができ、金融雑誌を買わない僕の重要な情報源です(笑) クリックが僕の応援にもなりまし、他のブログはとても参考になります。       にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ   にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ