今年(2020年)の投資方針

毎年恒例の今年の投資方針です。

去年の自分の漢字を変化の「 変 」したぐらいで、投資方針も変わりました。そして今年の漢字は 「 財 」にしていて、資産運用も変化したやり方で今年も長期的にもリターンを目指します。

  • 海外資産のインデックスファンド積み立て投資
  • 日本の高配当株(ETF含む)
  • 株主優待

の3本建てでいきます。現時点でのセミリタイアに向いている資産運用の運用方針を見つけた気分です。

それとプラスで大事なのが、

      キャッシュポジションを多くとる

です。

スポンサーリンク

海外資産のインデックスファンド積み立て投資

基本、日本を除く海外株式のインデックスファンドに毎月定額の積み立て投資をします。

全世界株式、米国株式、NASDAQ100、債券などです。楽天バンガードやeMAXS slimなどで購入します。

母親も僕のアドバイスで資産運用をしていて、計6万円分を楽天カード払いにして1%のポイントをもらいます。月600円、年で7200円分のポイントがもれえます。

基本、買い付け手数料無料、信託報酬が0.1%前後の信託報酬のファンドを購入します。NASDAQ100は0.5%ぐらいになってしますが。

残念ながら日本の未来はそこまで明るくなく円高も進んでいくので、世界経済の発展と円高による値上がりを期待しています。

本当はつみたてNISAが良いのですが今年は日本の高配当株を購入するので一般NISA枠で購入します。

日本の高配当株(ETF含む)

去年知った投資方法です。実際にオリックスを買いました。

高配当株と言えば連続増配の米国株という印象が強いですが、なかなかどうして日本も米国に習ってか、高配当株が増えています。5%前後の株もあるぐらいです。

さらに三菱商事などは累進配当政策を打ち出していて、配当が減らないならとても安心して株が買えます。株価が下がってもいつかは配当で元が取れます。損はしないです。もちろん倒産したらダメですけどね。

セミリタイアを目指している僕にとっては理想の投資方法です。

凄いです!1株から取引出来るSBIネオモバイル証券があります。この春に新しくできたみたいです。 最近Twitterやブログなどで良く見かけて気になっていたので情報収集しました。とても使い勝手が良いので僕も口座開設するかどうか?を考える為にも記事を書きます。

僕はこの正月にネオモバ証券の口座開設をしました。ネオモバ証券はNISA対応していないので、僕は基本は楽天証券です。でも優待で長期保有優遇銘柄があった場合、1株だけ持っておく方法を実行します。

NISAに拘らない人は、ネオモバ証券はお勧めです。何十万円貯めないと買えないという機会損失を無くせます。これは大きいし資産運用の楽しさを早く味わう事ができます。

そして高配当株ETFというものも去年知りました。しかも楽天フリーETFになっています。こちらも活用していきます。

最近、高配当株が気になっています。まさにお金がお金を産んでくれるって感じです。 でも個別株は高くて買いにくいし、分散されないしと気になる方に朗報!高配当株ETFというものがあるんです!!

信託報酬が掛かるデメリットがありますが分散が効いているのが嬉しいです。でもゆくゆくは累進配当政策か連続増配何十年の個別株を持ちたいです。

株主優待

これは、楽しみとしてやっていきたいです。

映画券、食事券、銀行などなど、生活を楽しむ、便利にする為に保有していきます。

キャッシュポジションを多くとる

今年はこれが大事になりそうです。

暴落・調整が来ると考えているからです。下がった時が買い時です。その時の為に買えるだけのお金・余力がなければいけません。

それもあり僕は年末に鎌倉投信全部解約しました。

株価は順調で今年は大きな利益を出している人も多いとでしょう。そして来年もこのまま株価が順調というのがおおむねの意見です。 これから株価は上昇という意見が大半なのに、そんな中、僕は鎌倉投信を解約しました。半分だけにしようか悩みましたが全部解約しました。

僕の中では3月の権利確定日までに買いたい銘柄がいくつもあり、その後に暴落・調整しそうで中々考えます。先に来てくれたら有難いですけどね。

素人考えなので当たるかどうか分かりませんが、今年は暴落・調整が来そうです。その時の為に、キャッシュポジションを多くとっておくのが大切でそれを実行していきます。

その為には支出の削減も大事になってくるかも。資産形成の王道の①収入を増やす、②支出の削減、③資産運用をする、この順番も忘れてはいけませんね。

年初に初心、基本が大事と改めて思ったれくいのでした。

この記事が少しでも皆さんのお役に立てば幸いです。

Betmob|投資家ブログまとめメディア


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

★日本ブログ村 投資信託カテゴリーなど★ 多くの投資ブログが参加しています。新着記事、注目記事では最新の情報も知れる事ができ、金融雑誌を買わない僕の重要な情報源です(笑) クリックが僕の応援にもなりまし、他のブログはとても参考になります。       にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ   にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ